HOME

シンポジウム参加時の託児補助金支給制度について

シンポジウム参加時に託児サービス(有料で託児を行う事業者)を利用した会員に対し,学会が費用の一部を補助します(会員本人の子供に限ります).学会による託児補助は,以下のように行われます.

(1)補助金額は大会出席1日あたり5,000円(子1人につき)を上限とします.

(2)申請者は「託児補助金申請書」(書類1),「託児施設利用証明書」(書類2)をダウンロードし,必要事項を記入して,下記の企画委員会長宛に郵送します(「社会言語科学会 託児施設利用証明書在中」と朱書きすること).書類2は領収書(利用日,利用料金,利用した子供の人数が明記されているもの)に代えても良いです.提出期限は大会後2週間以内とします.

申請者は託児施設の利用日に必ずOBIRIN講堂(オンライン会場)に設置する大会参加受付を行ってください.大会参加受付の記録をもって参加とし,補助の手続きを行います.(本人の参加確認ができない場合,補助金額はお支払いできませんのでご注意ください.)

書類郵送先:
〒560-0043豊中市待兼山町1-8
大阪大学大学院言語文化研究科
秦 かおり