HOME
シンポジウム >次回シンポジウムのお知らせ

シンポジウム

次回シンポジウムのお知らせ

社会言語科学会の第3回シンポジウムは2021年9月11日にオンライン開催いたします.
ご参加いただくには事前申込が必要となりますので,以下の方法でお申し込みください.

日時:2021年9月11日(土)
10:00-12:00 スチューデント・ワークショップ
13:00-13:30 総会
13:30-17:45 シンポジウム
※13:00-13:30に開催される会長挨拶・総会には,学会員の方のみご参加いただけます.

開催方法:オンライン開催(バーチャルOBIRIN講堂)
参加費用:無料

参加方法:
参加をご希望の方は,以下のページからお申し込みください.この参加申し込みにより,シンポジウム,および同日に開催される総会,スチューデント・ワークショップにご参加いただけます。
お申し込みいただいた方には,シンポジウムの前日,9月10日(金)に参加方法をメールでお送りします.
https://forms.gle/Y9qjkYsTp8DJAFE2A

参加申込締切:2021年9月8日(水)23:59

テーマ:「リフレクティブな共在の仕方」
企画責任者:高梨克也(滋賀県立大学)

概要:
 人々が対面的状況に身を置き,互いの存在を直に確認しながら空間的に「共在」することは,教育や学習,看護やケア,余暇やレクリエーションなど,社会生活のあらゆる場面での実践のための最も原初的な基盤である.近年では,社会におけるさまざまな共在の場に出向いてのフィールド調査やビデオを用いた微視的分析も盛んになってきた.しかし,これらの分析は,共在の場の当事者たちがどういったスタンスでその場に臨み,何を気にかけながら実践を行っているかという観点とはまだ十分に結び付けられていないことも多い.例えばD. A. ショーンのいう「省察的実践家」には「当事者性」と「メタ性」という,容易には両立しがたい条件が求められると考えられるが,こうした問題は「共在」に関する従来の研究では必ずしも的確に考慮されているとはいいがたい.そこで,今回のシンポジウムでは,共在の現場における実践者とこれを調査する分析者のそれぞれにおける「リフレクティブ」なあり方を焦点とした議論を展開したい.また,その際,コロナ禍で関係者たちが直面している課題などついても,併せて議論できればと考えている.

話題提供者:
坂井田瑠衣(公立はこだて未来大学)「「リフレクティブな共在の構え」は観察可能か」
大塚裕子(社会福祉法人喜慈会子中保育園)「リフレクションにおける当事者性とメタ性のデザインと実践ー子中保育園における保育リフレクションの事例ー」
池田佳子(関西大学)「日本国内企業が対峙するリフレクティブな共在ー外国人材の受入れという「内なる国際化」ー」

指定討論者:石崎雅人(東京大学)

皆様のご参加をお待ちしております.

社会言語科学会

 シンポジウム要旨はこちら(PDF)

 手話通訳について

スチューデント・ワークショップ参加のために手話通訳を利用した会員に対し,学会が費用の一部を補助します.また,総会とシンポジウム参加のために手話通訳を利用する場合は学会が一括手配をします.学会による手話通訳利用の詳細についてはこちらをご覧ください.

 大会参加時の託児補助金支給制度について

シンポジウム参加のために託児サービス(有料で託児を行う事業者)を利用した会員に対し,学会が費用の一部を補助します(会員本人の子供に限ります).学会による託児補助の詳細についてはこちらをご覧ください.