HOME
徳川宗賢賞 >選考規程

徳川宗賢賞 徳川宗賢賞選考委員会

選考規程

1.賞の名称と種類
1. 賞の名称は「徳川宗賢賞」とする。
2. 賞に次の二つを設ける。
(1) 優秀賞:総合的に優れた論文
(2) 萌芽賞:将来的に研究の発展が期待できる萌芽的論文
2.選考機関
1. 徳川宗賢賞選考委員会が、徳川宗賢賞の選考を行なう。
2. 徳川賞選考委員会は、会長を含む5名の理事により構成される。
3.賞の対象
1. 毎年本学会誌『社会言語科学』に査読を経て掲載されたすべての展望論文、研究論文、ショートノート、資料を対象とする。
4.受賞資格
1. 受賞者の年齢や研究歴には基本的に条件をつけない。
2. 単著の著者および共著の筆頭著者として受賞するのは、萌芽賞・優秀賞それぞれの賞で1回に限る。(重複授与の扱いは別途細則に定める。)
5.選考の基準と方法
1. 本学会の理念に沿った優れた論文に授与される。
2. 優秀賞、萌芽賞それぞれについて、選考対象となる全論文に選考委員が評点を与え、受賞論文を原則2件まで選考する。
3. 「選考委員が選考対象論文執筆者の関係者」である場合の具体的対応については、「科学研究費助成事業における審査及び評価に関する規程」の第8条に則る。
6.表彰
1. 選考結果を受け、理事会での承認を経、その後の直近の年次大会にて表彰式を行なう。賞状および副賞(賞金)を贈り、これを顕彰する。
2. 副賞10万円 。

(本規程の内容は、2019年3月31日学会理事会による改定に基づく。)